Q英検®・英検Jr.®とは何ですか?

A
英検®
「英検®」は正式名称を「実用英語技能検定®」と言い、1963年に創設されて以来延べ7400万人が受験し、現在は年間約250万人が受験している国内最大規模の英語検定試験です。 筆記(読む・書く)・リスニング(聞く)・スピーキング(話す)のテストで測定し合否を判定します。 試験は年3回実施され、初級の5級から4級、3級、準2級、2級、準1級、1級まで7つの級に分かれています。 試験問題は世界各国の原案作成者の資料をもとに厳選し、すべてオリジナルで作成されていることから、その質の高さは入試や海外留学、企業など社会で広く認められています。英検Jr.®
JAPEC 児童英検(全国統一児童英語技能検定試験)は、児童英語教育の専門家によって構成される「検定委員会」が、科学的に設定された1級から6級までの「グレード別到達目標」にもとづき、 リスニング(聞く力)テストとスピーキング(話す力)テストによって、コミュニケーション能力としての英語技能を、客観的に正しく評価しようとするものです。 国際的に通用する英語力の重要性が高まってくる中、日本で最も長い伝統を持つJAPEC児童英検は、ユニークで権威ある児童向け試験制度として、高い社会的評価を受けています。

英検®(2級~5級)、英検Jr.®は、当学院で受験できます。
英検®・英検Jr.®対策コースはこちら

QTOEIC®試験とは何ですか?

A
TOEIC®テストは英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通の資格です。
現在世界約150カ国で実施されており、毎年世界中で約700万人が受験しています。 リスニング(100問)リーディング(100問)合計200問を所要時間約2時間で行う試験です。
自己啓発や福利厚生の一環として導入する企業も増えており、受験者数も年々増加しています。 総合的な英語能力を評価するTOEIC®テストは、2006年度には約2,600の企業・団体・学校などで採用されました。
TOEIC®/TOEFL®コースはこちら

Q全外協=(社)全国外国語教育振興協会とは何ですか?

A
全国外国語教育振興協会は、平成元年、文部省生涯学習局(現文部科学省生涯学習政策局)が行った「民間外国語教育施設の実態調査」に協力した民間外国語教育施設の有志によって、平成3年9月に任意団体として発足しました。
情報・意見交換、勉強会、研修会、講演会、調査研究等を通して、民間外国語教育施設の健全な発展と生涯学習の普及・振興に努めてきました。平成5年度から3年間にわたり、民間外国語教育施設の実態調査、契約・教育内容をめぐる各種トラブルの事例分析、外国語教育施設の運営に関する基準の策定、外国語学習ニーズ調査等を行い、「生涯学習社会における民間外国語教育施設の在り方に関する調査研究」の成果をまとめました。
平成15年10月14日、社団法人として認可され、日本の外国語教育の普及と振興に貢献しています。