マーガレット外語学院のネイティブ講師は全員「北米人」!
ネイティブ講師は全員、アメリカ人かカナダ人。クラスによって発音が異なる心配もありません!

ネイティブ講師Q&A

Q1.How long have you been in Japan?
何年日本に住んでいますか?
Q2.What do you think is special about Margaret school?
マーガレット外語学院の特徴は何だと思いますか?
Q3.What are the most important things you focus on when you are teaching English?
教える時に心掛けていることは何ですか?

Scott

U.S.A

A1.Since November 1st, 2016.
2016年11月1日からです。

A2.Margaret’s innovative approach to conversational English rewards students with a significant advancement in speaking and comprehension.
マーガレットの英会話習得の新しい方法により、生徒たちは会話力が上がり、英語の理解も進んでいます。

A3.I focus on ensuring students are having fun while focussing on day to day conversational English that helps them exceed in the future.
私は生徒たちが日常英会話を学んでいる時には楽しめるように心掛けています。そうすることで、将来更に成長できると思います。

Juliana

U.S.A

A1.I have been in Japan for 5 months now.
日本に来て、5ヶ月になります。

A2.I think teaching at MIL is special because we offer such a wide range of different classes which can be adapted to suit the needs, levels, and goals of individual learners.
マーガレットでの指導は、それぞれの生徒様のニーズやレベル、目標に合う数多くのクラスをご用意していることが特徴だと思います。

A3.When teaching, I work to create a positive learning environment so that students can push themselves, apply and experiment with what they are learning, and really thrive. Also, it’s important to celebrate the little victories when learning something new and find ways of approaching the subject matter that are enjoyable. Learning a language should be a joy!
教える時、私は前向きな雰囲気を作るようにしているので、生徒たちは今学んでいることを勇気をもって使ってみることが出来、本当に成長しています。また、新しいことを学ぶ際には、小さな成長でもほめることが大切です。そして、課題に向かう楽しい方法を探っていくことも大切です。言葉を学ぶことは楽しいことのはずです!

Matthew

U.S.A

A1.Three years.
3年です。

A2.The students. They’re all so unique and energetic.
生徒達です。皆さんとても個性的で、エネルギーにあふれています。

A3.I try to focus on teaching practical English. I imagine if my student is in a situation where English could save their life, what kind of English would they need to know? If they’re lost, or need an adult, can they express what’s wrong in English and get help?
私は、実用的な英語を教えることを心掛けています。もし生徒が英語を話せれば命が助かるような場面に遭遇したら、どんな英語を知っている必要があるでしょうか。もし道に迷ったり、大人の助けが必要な時、英語で状況を説明し、助けを求めることが出来るでしょうか。

Roger

Canada

A1.Since March 2017.
2017年3月からです。

A2.The staff go out of their way to make the customers happy.
生徒たちをハッピーにするためにスタッフが努力しています。

A3.I focus on communication(helping to get your thoughts across) and not on perfection(you don’t need to speak perfect English to communicate,even native speakers make mistakes.)
私は、コミュニケーション(意見を言えるように手助けする)を心掛けています。完璧であることは重要視していません。(コミュニケーションをとる時に、完璧な英語を話す必要はありません。ネイティブでも間違えるのです。)

Winston

U.S.A

A1.Since March 22, 2018.
2018年3月22日からです。

A2.Margaret allows teachers to have the freedom to style the classes to fit each student’s needs.
マーガレットでは、それぞれの生徒のニーズに合わせるため、
講師の裁量でレッスンを組み立てることが出来ます。

A3.I try to help each student with their individual needs and encourage participation as much as possible.I also try to help them improve their English skills in a fun way that helps them remember what they’ve learned in class.
私は、生徒それぞれの希望に沿うように手助けし、生徒がレッスンに出来るだけ参加出来るよう努めています。また、レッスンで学んだことがしっかり頭に残るような楽しい方法で英語力を伸ばせるように心掛けています。